hmaa   株式会社森山博之設計事務所
hiroyuki moriyama architect and associates Inc,
 

葛飾集合住宅プロジェクト

→新聞に掲載されました

→新聞に掲載されました

→工事監理ブログ

所在地 :東京都葛飾区
構成:共同住宅16戸(賃貸)
敷地面積:619㎡
述床面積:1098㎡
構造:鉄筋コンクリート壁式構造 4階建て
住戸規模:46㎡台~67㎡台 計16戸
 (うち2戸はメゾネット)
天井高さ:2.37m
外装仕上:コンクリート打放し(フッ素樹脂クリア塗り)
内装仕上げ:コンクリート打放し(一部クロス貼り)
  
キッチン:ステンレス製アイランド型(16戸中11戸)
エレベータ:住居用4人乗り
駐車場:4台
その他設備:ディンプルキー×ダブルロック(玄関扉に二つの鍵穴)、
  オートロック、エアコン2基実装、IHヒーター(全住戸)、
  光ファイバー、地デジ
  
遮音性能24時間楽器演奏可能
耐震性能:建築基準法基準値より25%上乗せ

多くの制約(三角形の敷地、4台の駐車場、高さ制限、日影の制限)がかかる中、600㎡の敷地において1000㎡の床面積が求められた。

制約を回避出来る場所を立体的に繋ぎながら空中にボリュームを配置する、そうした操作そのものを建築として定着することを計画手法として採用した。

 

 

 

 

<data sheet>
Architect:hiroyuki moriyama architect and associates Inc.
Location:Katsushika-Ku,Tokyo
Use:apartment
Area:619sqm
Total floor space:1098sqm
Year:2010

Differentation:High sound insulation, For 24 hours, a musical instrument performance is possible.
Structural features:Improved 25% of strength,in comparison with the Japanese structural standard.

Photographs:Satoshi Asakawa , Hiroyuki Moriyama

 

16 apartment complexes which are located in the residential area of East Tokyo.

1,000 square meters of floor space was found in 600 square meters of sites
while it took much limitation (triangular site, four parking lots, headroom, limit of the shadow).

Placing the volume in the air while connecting the place
that could evade limitation three-dimensionally,
I adopted that I fixed such operation itself as architecture.

 
 
 
 













初期スタディ案