hmaa   株式会社森山博之設計事務所
hiroyuki moriyama architect and associates Inc,
 

有栖川 DUPLEX

敷地:東京都港区南麻布
用途:賃貸併用住宅
規模:約300㎡(法延床)
構造:鉄筋コンクリート壁式構造
工程:2016年春竣工

受賞:2016年度 グッドデザイン賞

 

都心の住宅密集地に建つ賃貸併用住宅。 敷地は、間口7m、奥行き20mの東西に細長い方形で、ゆるやかな台地の中腹に位置している。 法的な制約により4フロアしか計画ができない間口の狭い斜面地において、5世帯の住戸を計画する事が求められた。

住宅が密集するエリアの狭小敷地において法的に許されるギリギリまでボリュームを詰め込み、床面積の最大化を図る一方、近隣との視線干渉や通風・採光に配慮しながら、街とのつながりを如何に確保してゆくかをテーマとし計画を行なっている。

人と自然あるいは街と建築の間に明確な境界線を引くのではなく、街と建築とが接する部分に、 双方との距離感に配慮した領域を立体的に立ち上げ、人の暮らしや自然、街の要素が混ざり合う場所を 道具立てしている。

設計事務所32社が競合し、コンペ方式にて最終選定された案件であり、また、マンション収益上の理由から賃貸部分は24時間楽器演奏可能な防音性能を付与し利回り向上を図っている。


< data sheet >
Architect:hiroyuki moriyama architect and associates Inc.
Location:Minami-Azabu,Minato-Ku,Tokyo
Area:142sqm
Use:apartment
Structure:Concrete 4-story
Total floor space:320sqm
Year:2016
Differentation:High sound insulation, For 24 hours, a musical instrument erformance is possible.

Located in the densely populated areas in Tokyo.
The site , an elongated square to the east and west , the frontage 7m, depth 20m, is located in the middle of a gentle plateau.
Though the site frontage is narrow and locate the slope areas ,and also permitted only 4 floor by the legal constraints,we are asked to plan 5 houses by client .
While cramming the volume as much as possible in a narrow site of the dense residential areas,maximizing floor area , with consideration to the line of sight interference and ventilation , brithtness of dwelling environment, it becomes a theme how we secure the connection with the environment.

Rather than draw a clear boundary line between the dwelling and nature ,or city and the architecture,by using a vertical domain that considers the moderate distance between environment and architecture,we hope the place settled as where the dwellings,nature and the city are mixed and well harmonized.