hmaa   株式会社森山博之設計事務所
hiroyuki moriyama architect and associates Inc,
 

ギャンクールの事務所ビル

<計画概要>
敷   地:ギャンクール(サン=カンタン=アン=イヴリーヌ地方)
敷地面積:7,199㎡
用   途:オフィスビル(自社ビル)
床面積  :2,600㎡
構   造:鉄骨造
工    期:2023年夏 工事完成予定

受賞:GLOBAL ARCHITECTURE & DESIGN AWARDS 2021 

パリの南西30km程の、ギャンクール(サン=カンタン=アン=イヴリーヌ地方)という街で計画中の事務所ビルです。
「イル=ド=フランス」と呼ばれる地域にあり、住宅や公共施設、企業の研究拠点などが混在する緑豊かなエリアです。
広い空と豊かな緑が特徴的な公園のような敷地でしたので、外部環境と親和性の高い計画となっています。

1階はエントランスや会議室、ラウンジなどが配置されています。
建物内部に外部空間が深く貫入し、内外が交互に重ね合わせられる空間になっています。

2階の事務所空間は光庭と外周部のデッキテラスによって特徴づけられています。1階同様、内外が交互に重ね合わせられながら、樹々の中を回遊するようにフリーアドレスのオフィス空間が延び広がっています。


<OUTLINE>
site    :Guyancourt , Saint-Quentin en Yvelines , France
site area :7,199㎡
use     :company building
floor area:2,600㎡
schedule :Construction will be completed in 2023 summer

About 30km southwest of Paris .
Rich in nature environment, housing ,office , public facilities , corporate R&D are scattered .

At a park-like site with abundant greenery and a wide sky ,
we planned a company building of 2600m2, free address office space that has a high affinity with the surrounding environment .

Flexible and varied space with inside and outside mixed together
consists of versatile elements , office space, meeting space , customer service, lounge, and private rooms .
The office space, with its high degree of openness, is spread out among the trees in a circular way.